水道水に含まれる塩素。体への影響は?

すでにご存じの方が多いと思いますが、水道水には、私たちが安全に水が使えるように塩素が含まれています。

おかげで、水道水の安全性は保たれているわけですが、その一方で健康への影響を懸念される方もいらっしゃいます。

今回は、水道水に含まれる残留塩素について、目的や健康への影響などを解説します。

水道水に塩素が含まれている理由

水道水にはなぜ残留塩素が含まれているのでしょうか。

それは、水道水を消毒するため、です。

水道水の原水(河川や湖など)には、さまざまな病原菌が含まれている恐れがあります。この病原菌を死滅させるために強い殺菌力がある塩素が使われるのです。

そして、外部から雑菌などが侵入できないように、水道管を通って衛生上の安全(消毒効果)を保ったまま各家庭まで運ばれていきます。これが、世界でも一目置かれる日本の水道技術です。

塩素による健康への影響

水道水を消毒するために必要不可欠な塩素ですが、私たちの体への影響はどうなのか?気にある方も多いのでは。

塩素による健康への影響について解説します。

健康への悪影響はない

基本的には、一生涯で水道水に含まれる残留塩素を摂取しても、悪影響はないといわれています。

というのも、水道水に含まれる残留塩素の量はごくわずか。そのまま飲んでも、健康被害が生じる心配はないようです。

味や臭いに影響がある

水道水に含まれる残留塩素は、味や臭いに影響を及ぼします。

水道水を使うときに発生する「カルキ臭」は、この残留塩素が原因です。プールでおなじみのツンっと鼻につくあの臭いです。

この独特な臭いにより、飲み物や料理に影響を与えることがあります。

肌や髪の毛に影響がある

消毒のために使われる塩素ですが、殺菌作用が高く強い酸化力を持ちます。

この酸化力は、タンパク質でできた肌や髪のキューティクルも同時に酸化させてしまいます。

そのため最近では、肌や髪の毛のために、シャワー型浄水器やお風呂用浄水器、セントラル浄水器を選ばれる方が増えているようです。

食材に影響がある

水道水で野菜や米を洗うと、残留塩素が原因でビタミン類が10~30パーセントも損失してしまうことが明らかになっています。

最後に

当サイトで頻繁に出てくる用語に「残留塩素」というものがありますが、これには「塩素なの?」「カルキなの?」「残留塩素なの?」と不思議に思われた方もいるのではないでしょうか。ちょこっと残留塩素について説明しますね!

私たちが普段口にする水道水に含まれる塩素のことを、「残留塩素」と呼びます。残留塩素は、浄水場から各家庭の蛇口まで消毒効果を維持する役目があります。

私たちが口にしたり触れたりする水道水 。

安全な水道水を手にできる一方で、役目を終えた塩素であっても、殺菌・漂白作用が残っているということです。

健康へ悪影響がないといわれていますが、やはり気になる方が多いのも事実。この残留塩素をどうにかしたいと願い、家庭用の浄水器を取り付けたり、ミネラルウォーターを購入したり、ウォーターサーバーを使われている方もたくさんいらっしゃいますね。

皆さんの生活スタイルに合った方法で、快適にお過ごしいただければ何よりです。

本メディア「水と暮らしの研究部-WATER CLUB-」を運営するアクアス総研では、
・水のプロフェッショナルに任せられる浄水サービスを提供
・創業1990年、セントラル浄水器のパイオニア
・人と地球にやさしいエコサイクルの実施
など、セントラル浄水器を用いたオール浄水システム・アクアス5でお力添えさせていただきます。水道水にお悩みの方のために、詳しい資料も無料でご用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

オール浄水で、もっと快適に暮らしたい方へ

オール浄水にして暮らしをもっと豊かにしたい…と思ったものの、どんなセントラル浄水器を選んだらいいのかわからないという方が多いのが現状です。お困りの方は、オール浄水・セントラル浄水器の専門家にしっかりと相談しましょう。
水と暮らしの研究部を運営する株式会社アクアス総研は、
 ・創業1990年、セントラル浄水器のパイオニア
 ・水のプロフェッショナルに任せられる充実した浄水サービスを提供
 ・人と地球にやさしいエコサイクルの実施
豊富な実績をベースに、あなたの快適な水のある暮らしをサポートします。
この機会にセントラル浄水器を活用したぜひオール浄水のある暮らしを検討しましょう。

CTR IMG