水道水対策にセントラル浄水器・オール浄水が注目されるワケ

水道水の味や臭いの対策として、また水道水に対する漠然とした不安により、何かしらの水道水対策を行っている方も多いでしょう。

しかしながら、暮らしの中で使われる水道水は思いのほか多く、飲み水、調理水、洗顔水、お風呂の水、トイレの水、洗濯の水などすべてを対策することは困難を極めます。

さらに「水」だけでなく「お湯」も対策を行うとなると、、、輪をかけて大変になります。

そこで本記事では、暮らしや環境と水の専門情報メディア「水と暮らしの研究部」が、家中の水道水対策とはどのようなものか、具体的に解説します。

あなたが「快適な水のある暮らし」を手に入れるためのヒントとしてぜひお役立てください。

水道水の悩みとは?

まず、多く挙げられる水道水の悩みについて紹介しておきましょう。

  • おいしくない
  • くさい
  • 健康に悪くないか不安
  • 直接飲みたくない
  • 調理の水に使いたくない
  • お風呂でプールみたいな臭いがする
  • 洗髪すると、髪の毛がギシギシする
  • 入浴時、肌がつっまる感じがする
  • 肌が弱いから入浴が苦手
  • ペットにあげるとき抵抗を感じる

など、たくさんの悩みがあげられます。

水道水に対する悩みは様々なことがありますが、その多くは水道水に含まれる残留塩素を除去することで解消されます。

浄水器を使う理由

水道水に含まれる残留塩素を除去する方法として外すことができないのが「浄水器」を使うことです。

浄水器を使う理由をいくつか紹介しましょう。

水道水の「味」や「臭い」を改善する

水道水を消毒するために投入されている塩素(主に次亜塩素酸ナトリウム)は、私たちの暮らしになじみのある塩素系の漂白剤や殺菌剤と同じで、強烈な臭いや刺激を伴います。

浄水場では、浄水場で精製した水に塩素を適量投入しているため、どうしても水道水には独特な味や臭いが出てしまいます。

この残留塩素を水道水から除くことで「味」や「臭い」は改善するといえるでしょう。浄水器は、水道水から残留塩素を除去するために作られた製品です。そのため、浄水器を使えば水道水の「味」や「臭い」を取り払うことができるのです。

味や臭いを気にされる方は、おもに、飲み水や調理水の改善が望まれることが多く、浄水機能付きのピッチャーを利用したり、キッチンの蛇口に浄水器を取り付けたり、キッチンのシンク下(上)に中型の浄水器を設置したりして対策を講じます。

食材本来の栄養素を守る

水道水で野菜や米を洗うと、残留塩素が原因でビタミン類(B1,B2,C)が10~30%も損失してしまうことが明らかになっています。

浄水器を使い水道水対策を講じることで、栄養価の低減を防ぐだけでなく、残留塩素の嫌な臭いや味もなくなるため、お料理や緑茶やコーヒーなどの飲み物も、より一層おいしく仕上がるというメリットがあります。

料理に使うとなると、蛇口に取り付ける浄水器では、水の勢いもろ過できる浄水量も足りなくなるため、キッチンの下(上)に設置する中型タイプの浄水器が好まれる傾向にあります。

肌への刺激を緩和する

水道水に含まれる残留塩素は肌や髪の毛にも刺激を与えるため、浄水器を使うことで肌への刺激を緩和することができます。

タンパク質でできた私たちの肌や髪のキューティクルを、残留塩素による強い酸化力から守ることができるのです。

それを可能にするためには、お風呂用の浄水器、シャワー用の浄水器、洗面所用に浄水器を取り付けなければなりません。

残留塩素から衣類を守る

毎日のお洗濯。
洗濯機に直接ホースなどをつないで水道水を取り入れて洗濯していると思います。

殺菌効果とともに脱色作用も持ち合わせる残留塩素。残留塩素が含まれた水道水で毎日洗濯をすると、衣類のダメージや色あせの原因に。

浄水ならば毎日の洗濯も安心して洗濯することができるのですが・・・残念ながら、洗濯用浄水器は見つけることができませんでした。

ペットのお水

ペットは大切な家族の一員です。

水道水に含まれる残留塩素は、殺菌用の消毒剤であり人間にもペットにも身体にやさしいものではありません。ペットにも、浄水器を通したお水なら安心して使うことができます。

暮らしの水をすべて浄水にするには

上で説明したように、暮らしの中で水道水を使うシチュエーションは数多くあります。

そのシチュエーションごとに浄水器を取り付けて、浄水をつかうことができれば、家中で浄水を使うことができ、水道水対策は万全といえるのですが、、、

それぞれの蛇口に浄水器を取り付けて、それぞれ異なるカートリッジ交換の時期を管理&交換作業を行うとなると、費用もかさみますし、作業効率もよくありません。

また、お湯は浄水にできないというシチュエーションも生まれます。

このように、飲み水、調理水、洗顔水、お風呂の水、トイレの水、洗濯の水などすべてを対策することは困難を極めるのです。

そこで、活躍するのが「セントラル浄水器」
この悩みを一気に解決してくれます。

注目のセントラル浄水器

水道水対策に最適な装置を紹介しましょう。

1台のセントラル浄水器で家中まるごと浄水に。

セントラル浄水器は、それぞれの蛇口ごとに浄水器を取り付ける必要はありません。屋外に一台のセントラル浄水器を設置するだけで、家中のすべての水道水が浄水になります。

大きさは消火器をひとまわり大きく程度。
水道メーター器から給水配管が分岐する手前に設置されます。

大型の浄水器のため、瞬時に大量の水をろ過することができ、1分間の吐出量も豊富なため、水量低下に困ることもありません。一年に一度のろ材(カートリッジ)交換ですみます。

家中の水道水対策に優れているのは、セントラル浄水器といえるでしょう。

関連記事

詳しくはこちら

オール浄水とは、一台のセントラル浄水器を水道メーター器近くの屋外に設置して、キッチンや洗面・トイレやお風呂など、家中すべての水道水をまるごと浄水にする、画期的な仕組みのことを指します。屋外に設置でき、難しい操作も必要とし[…]

オール浄水
詳しくはこちら

水道水に含まれる残留塩素を除去し、自宅の水道水をまるごとオール浄水にする「セントラル浄水器」が、じわりじわりと注目を集めています。そんな中、「セントラル浄水器を申し込むときの費用・料金相場はいくらなのか?」という疑問をもっている方も[…]

水もお湯も浄水に

セントラル浄水器は、給水配管がキッチンやお風呂などに分岐する手前に設置します。その場所は給湯器やエコキュートが設置してある場所より手前です。

そのため、水だけでなくお湯も浄水にすることができるのです。お風呂やシャワー、食器洗いや洗顔にも浄水にしたお湯がたっぷり使えるということです。

セントラル浄水器の弱点

水道水対策として最適となるセントラル浄水器を紹介しましたが、、、この1台で家中の水道水から残留塩素を除去できる装置にも弱点があります。

それは、継続するにはろ材(カートリッジ)交換が必要になるということです。セントラル浄水器だけにいえることではないのですが、浄水器という製品はろ材交換をしなければ、性能を発揮し続けることはできません。

必ず、定期的にろ材交換をしましょう。
セントラル浄水器においていえば、1年に一度の交換が必要です。

とくに、セントラル浄水器は大型装置のため、交換作業には工具や知識が必要になり、外での作業になります。

水道水を対策するということは、一時的なことではありません。継続し続けられるかも含め検討してみるとよいでしょう。

水道水対策を継続される場合は、ろ材交換や保証体制などアフターフォロー体制が万全に整っている製品が安心です。

※当記事で紹介したセントラル浄水器は「オール浄水システム・アクアス5」を参照にしています。

水道水対策にセントラル浄水器を活用する方法まとめ

水道水対策として大活躍できるセントラル浄水器を紹介してきましたがいかがでしたか。

浄水器は小さな製品から大型製品までたくさんあり、選ぶのも難しくなっています。

どこまで水道水の対策をしたいのか、によって浄水器の用途は変わります。飲む水からキッチン、シャワーやお風呂まで浄水にしたいなら、セントラル浄水器はきっとお役に立つでしょう。

快適な水のある暮らしを実現するには、水道水対策は欠かせません。あなたにあった水道水対策を見つけてみてください。

本メディア「水と暮らしの研究部-WATER CLUB-」を運営するアクアス総研では、
・水のプロフェッショナルに任せられる充実した浄水サービスを提供
・創業1990年、セントラル浄水器のパイオニア
・人と地球にやさしいエコサイクルの実施

など、セントラル浄水器を用いたオール浄水システム・アクアス5でお力添えさせていただきます。お悩みの際にはぜひ一度無料の資料をお取り寄せください。
>オール浄水で、もっと快適に暮らしたい方へ

オール浄水で、もっと快適に暮らしたい方へ

オール浄水にして暮らしをもっと豊かにしたい…と思ったものの、どんなセントラル浄水器を選んだらいいのかわからないという方が多いのが現状です。お困りの方は、オール浄水・セントラル浄水器の専門家にしっかりと相談しましょう。
水と暮らしの研究部を運営する株式会社アクアス総研は、
 ・創業1990年、セントラル浄水器のパイオニア
 ・水のプロフェッショナルに任せられる充実した浄水サービスを提供
 ・人と地球にやさしいエコサイクルの実施
豊富な実績をベースに、あなたの快適な水のある暮らしをサポートします。
この機会にセントラル浄水器を活用したぜひオール浄水のある暮らしを検討しましょう。

CTR IMG